読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

ジムじゃなくて(Aジム483回目)

 仕事はお休み。昼から5時間ほど、ジムに行ってきました。

 5時間もいた、とは言っても、今日からは限界グレードを超えている3級課題への挑戦。4級までのように「一度落ちても、すぐ次!」というわけには行きません。トライごとの間隔を十分取るのはもちろん、途中では長めの休憩時間を入れました。Aジムはポケストップ(ジムじゃないのね)になっているので、アイテムとか時々出るポケモンをゲットしつつ。

 今回のイベント、3級課題は多くが未着手のままでした。今日はとりあえず「行けるかも!」と思える課題を探すのが狙いでした。リードの練習仲間と一緒に強傾斜壁の2本(39と40)を触り、岩場遠征に同行してもらった方と関係者の2本(37と38)を触り…などのように、誰かとセッションしつつ全傾斜の課題を見て回りました。その結果、一番強く可能性を感じた薄かぶり壁の1本(36)に“今日を賭ける”ことに決定。激撃ちを開始です(休憩は入れました)。

 「初手が遠い~!」「二手目のポッケが保持できない~!」「三手目のポッケに届かない~!」などなど、一手ごとに文句を言いつつ、トライを重ねます。ほんとに少しずつ高度を稼ぎながら5トライ目でゴール一手前まで。ちょっと遠目のデッドポイントを決めるのが難しく感じました。「ダメかな~」と思っていたら、リードの練習仲間が「踏み切る時の足の位置、逆にもう少し低くすれば高く跳べます」とアドバイスをくれました。それに従ってやってみたら……
 コクーンがスピアーに進化しました(違)。
 ゴールのホールドに手が届きました(嬉)。

 ゴールマッチがうまくできなくて、完登するまでにはあと2トライが必要でしたが、最後は無事に完登。ようやく、2本目の3級をゲットです。

 このあたりでリードのパートナーと合流。次に可能性を感じていた緩傾斜壁の1本(37か38:番号失念)に挑戦しました。ゴール一手前が保持していられずに何度も落ちましたが、持っていられる時間が触るだけ→0.1秒→0.2秒→0.5秒→0.8秒…のように上がっていき、最後は1秒以上も保持できるところまで行きました。「右足をしっかり踏め!」という、リードのパートナーからもらったアドバイスのおかげです。良い感触は得られたので、次回には何とか落としたいところです。

・05日目の結果
 3級×1本完登(オンサイトなし)