読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

軽量化(Aジム439回目)

クライミング Aジム

 ホールド替えから10日、挑戦し始めてから早5日目。未だに落とせない薄かぶり壁の常設テープ課題の4級に、今日も挑んできました。
 核心となっている部分、これまでホールドの持ち方にばかり気を取られていましたが、どうも違うんじゃないかという気がしています。ホールドを持つ手とは反対(=対角)にある足の使い方が、カギなんじゃないかと。そこに気をつけて核心部分のみ何度もトライ。何度か「わかった!」ような気がしたものの、確信には至りませんでした。一回だけバラした状態ではできたけど、いわゆる“奇跡の一回”だったようです。ともあれ、挑戦する動き方の方向性は間違っていないようなので、まだ続けます。

 もう一つの継続課題、同じ壁にある常設テープ課題の3級もやってきました。こちらは、スタートが私にとっての核心。“一手目が取れた体で”始めると、ゴールまでアッサリ行けてしまいます。何度やっても、落ちる気がしない状態です。本当に、初手が問題。
 まだ空いていた時間帯だったので、ジムスタッフの方たちに見てもらったりアドバイスしてもらったりしつつ、身体の動きを微調整して5回連続でトライ。1回目は「腰が完全に反対にある」状態で×。2回目は「腰の位置が少しよくなった」状態で×。3回目、ようやく「手の引きつけとロック、足への乗り込みがしっかりできている」状態で、初手のホールドに触れました! 「こうなったら、後は気持ちです!」という励ましを受け、メガネまで外して軽量化(笑)。それが奏功したか、4回目はとうとう初手のホールドが取れました! でも、スタートのホールドが抜けて落ちました。。。
 5回目。「ラストトライです!」とセッション風のコールを受けて、気合い十分。さらに軽量化をはかるため、上裸に……は恥ずかしかったのでなしでしたが、咆吼しつつ初手のホールドへ。やっと取れました!!!! 今度は足が外れて落ちちゃいましたけど(情けねぇ)。
 さすがに連続で何度もやると手指がおかしくなってきたので、今日の挑戦はここまで。でも、皆さんのアドバイスのおかげで、落とせる目処は立ちました(言い切る)。次の挑戦では、落としたいと思います。
 たぶん、あとは気持ち。初手のホールドを保持できた瞬間に油断してしまい、スタートホールドの保持や足への乗り込みが疎かになって落ちちゃうんですよね。さらに先のホールドに出られる体勢になるまで油断しない、気を抜かない集中力が、次回の挑戦の成否を決めそうです。

 挑戦を終えた頃、ジムが混雑し始めたので今日は撤収しました。帰る直前に期間限定課題の4級(フェースと薄かぶり)に触ってみたら、棒状のテープで表示されている課題は2本ともオンサイト、■テープで表示されている課題は2本とも敗退、という結果でした。今回の期間限定課題は、どの傾斜の壁も棒は取り組みやすくて■は難しいようです。