読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

過去最高順位!(スポドリ! Cup 2015@東京・スポドリ!)

 東京ドームシティにある複合スポーツ施設「スポドリ!」で開催されたコンペに出場してきました。先月のFive Ten Cup 2015に続くコンペ参加4連戦の第2弾です。
 今回のコンペの特徴は、申し込み時点ではクラス(カテゴリー/ディビジョン)分けがないことです。参加者全員で施設内にある約180本の課題をセッションします。課題のグレードごとに得点がついていて、2時間の制限時間内に登れた本数の合計点を出します。その結果で1位~最下位までの順位が決まり、さらに約3分の1ずつの人数に上級/中級/初級のクラス分けが行われます。その上で、各クラスの上位6人ずつでサドンデス方式の決勝が行われる、という方式です。

 これまでに出場したコンペと違って、登らなくてはならない課題が決まっているわけではないので、だいぶ楽な気持ちで臨めました。10級の課題を登ってもいいし、2段の課題をお触りしてもいい、というものだったからです。また、どれを何本登ったら決勝に残れるのか分からないのも気持ちがラクになりました。たとえば4級を10本登ったとして、上級クラスのビリかもしれないし、中級クラスの上位かもしれないからです。
 とはいえ、できれば総合順位で良い成績を残したいところ。受付開始時間直後に入場して、約1時間で全壁のオブザベをしました。「オンサイトが狙える最高グレード」の4級を中心に、お買い得の3級に目処をつけ、念のために5級も見ておいたり。あっという間にセッションが始まりました。

 一番最初に登ったのは、スラブ壁にあった7級。その次は、同じスラブ壁の5級。この2本をオンサイトでラクに完登できたことで、ひっじょーに気分は楽になりました。周りを見渡す余裕も出て、今日は行けそう、という感じになれました。
 約70人の参加者で8壁。強そうな人たちは強傾斜壁に並んでいます。最初にパワーを使う強傾斜の課題を落とし、ヨレてきたら垂壁やスラブに回る作戦のようです。なるほど、なるほど。
人の行く 裏に道あり 花の山
 後半の並び核心に備えて、強い人とは逆にスラブ壁から始めて徐々に強傾斜に移ることに決定。その方針で4級を3本オンサイトで落としたあたりで体も完全に温まり、緊張感はすっかり薄れました。そこからは比較的得点の高い3級だけに取り組む(4級以下も2級以上も触らない)と決め打ちで約80分を過ごしました。
 もちろん、3級は現在の実力では勝負するのが精一杯。すべての課題を少ないトライ数で登れるわけではないので、さらに絞り込みをしました。苦手のカチ持ちが出てくる課題は徹底的に回避。得意なスローパーが中心で、かつチクタクや飛ばしが核心ムーブになりそうな課題を8本選び、10分で1本を落とすつもりでじっくり取り組みました。落ちてもショックを受けないこと。それだけを考えて。
 幸いなことに、作戦が奏功したようです。最初に取り組んだ3本はオンサイトで落とせて、時間と気持ちの余裕が増しました。さすがに3級、その後はオンサイトで落とせた課題はなく、1本は時間切れでダメでしたが、全7本も落とせました。自己新記録、です(嬉)。
 最終的には、3級が7本、4級が3本、5級と7級が各1本。「もしかして、中級クラスの決勝に行けるかも」と思いましたよ、ええ。

 1時間ほどの休憩を挟み、決勝進出者の発表。リザルトを見ると……総合16位でした! 全体の約5分の1に入り、上級クラス入りです。これは、過去最高の順位。いやぁ、嬉しかったなぁ。今日は最高の気分です。ああ、楽しかった。良いコンペでした。



 あ、決勝? 出られませんでしたよ、ええ(泣き笑い)。

 同じ大会に出ていた知人の方々は、皆さん決勝に進出。初級/中級クラスはともに優勝、上級クラスでも準優勝、さらに特別賞を獲得した方もいらっしゃって、皆さんの強さを再認識しました。いつか、ああなりたいな。なるための努力をしていけば、ああなれるのかな。