pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

トラ(Aジム853回目)

 夜勤明けの仮眠を済ませ、珍しく夜からジムへ。すべて三代目コブラで登りました。

・週課題■(薄かぶり壁・6級):オンサイト
・週課題■(緩傾斜壁・5級):オンサイト
・週課題■(緩傾斜壁・4級):オンサイト
 まずは、今週の週課題から。ルーフ壁の4級課題は、本日は未着手でした(混んでいたので)。

・Zansho(緩傾斜壁・5.11a):敗退(25/30手目まで)
 高知・黒潮ボルダーで、次に落としたい課題が見つかりました。そのためのトレーニングとして、通常のボルダー課題と平行して長モノに取り組んでいきます。ずっとやってるコレは、またも通せず。結構な回数やってますが、完登できたのは1回だけです。。。

・コオニ(緩傾斜壁・5.11b/c):敗退
 やっぱり、“その一手”ができません。

・マラソン(垂壁・5.10d):敗退
 新しく設定された課題です。垂壁の長モノは、このジムでは珍しいですね。さっそく挑戦してみたところ、何度かのパート練習で全バラは完了しました。今日は閉店時間になってしまったので、つなげトライは次回に持ち越しです。

連登(Aジム852回目)

 出勤前に90分ほど。すべて三代目コブラで登りました。

・週課題■(垂壁・6級):オンサイト
・週課題■(薄かぶり壁・5級):オンサイト
・週課題■(緩傾斜壁・4級):レッドポイント(3T)
・週課題■(強傾斜壁・4級):レッドポイント(5T)
 まずは、今週の週課題から。4級までで手こずったのは、連登疲れかな。

・Zansho(緩傾斜壁・5.11a):敗退(23/30手目まで)
 最後は長モノで締めるつもりでしたが、今日は通せず。弱ひ。

ベン!(高知・黒潮ボルダー Day03)

 高知・黒潮ボルダーへの岩場遠征、最終日です。同行してくれたOさんとは「午前中に大山岬エリアに行き、午後から春野漁港エリアへ行こう!」と話していましたが、実際には大山岬エリアで1日を過ごすことになりました。だって、楽しかったんですもの。

f:id:pmnj:20190313121244j:plain

<キューピー>
・キューピー・スラブ(10級):オンサイト → 累計37本/39.5
 今日も風は強いまま。波も高く、干潮時に訪れたというのに『ドンキーコング』や『ビーチ野郎』などの岩にはまったく近寄れない状態になっていました。そこで、前回の遠征で宿題として残した『季節外れの入道雲』がある、この岩から。ここでも、波しぶきが飛んできてうっすら濡れる環境でした。
 最初は「今日もボウズは避けたい!」という情けない理由で、この課題から。他の課題の下降路になっているだけあって、難しいところはまったくありませんでした。

・季節外れの入道雲(2級):レッドポイント → 累計38本/44.0
 前回の遠征時にも、最終日に挑戦した課題です。その時はまったく良いところなく敗退。今回こそは! と思って挑みました。
 Oさんが前回には思いつかなかったムーブを出してくれて、それを真似したらアッサリと一撃で終了。うむむ。嬉しいことは嬉しいけれど、ちょっと複雑な気分です(贅沢)。

・キューピー・ウォーク(3級):レッドポイント → 累計39本/47.0
 ちょうど同じ岩の課題に挑戦していた方たちがいたので、混ぜてもらいました。スローピーに感じるスラブ面を、ノーハンドでトラバースしていく課題です。最初は全然ダメだったけれど、徐々にバランスの取り方がわかってきて完登!

<ロードサイド(手前)>
・スローパー(1級):敗退
 遠征の最後は、この岩へ。手数も少なく、見た目もそれほど難しくなさそうだったのに、二人揃って討ち死にでした。厳しかったなぁ。


 今回の高地ツアー、これにて終了です。やっぱり、楽しい。でも、相変わらず下地は怖い(笑)。メンタルが弱いなぁ。

なとなはおかしのほーむらんおうです(高知・黒潮ボルダー Day02)

 高知・黒潮ボルダーへの岩場遠征、二日目です。今日もジャドーズOさんと一緒に、あちこちのエリアに行ってきました。ほとんどの課題はオゾンで登りました。一部の課題には四代目コブラで挑戦しましたが、明確なアドバンテージは感じませんでした。

<春野漁港の岩>
f:id:pmnj:20190312120244j:plain

・松風(1級):敗退
 午前中は、ずっとこの課題に挑戦してきました。前日と違い、関東から遠征してきたという二人組のクライマーとセッション。その方たちのムーブも見ながら、自分にあった動き方を試していきました。皆さんのおかげで、下部のムーブは決定。デッドで飛び出すことは何度かできました。
 けれども、やはりカチまでは届かず。。。キビシイ。

 ところで、この岩。写真の通り、護岸工事(?)のためと思われる盛り土が、かなり近くまで迫っています。もしかすると、近い将来は登れなくなるのかなぁ。


 午前中で春野漁港エリアからは撤収し、『百と八つの流れ星』などがある加領郷エリアへ移動しました。ここは二人とも「うーん、今日はいいかな」と早々に撤収を決め、安田海岸エリアに。

牛乳石鹸
牛乳石鹸(4級):オンサイト → 累計36本/39.5
 スローパー好きを自認する二人には、絶好の課題でした。やってみる前は「できるかなぁ」と思いましたが、実際には難しさはまったく感じられず。うん、楽しい。

<すべすべ1号>
・すべすべ1号(2級):敗退
 同じような課題でも、こちらは非常に難しく感じました。思ったよりも傾斜があり、足が見つけられずに敗退です。


 このあたりで、安田海岸エリアから名村エリアへ移動しました。今日は1日中ずっと風が強く、海も荒れ気味。海岸沿いの国道をクルマで走っていても、何度かハンドルを取られてヒヤッとしました。

<キューブ>
・キューブ(5級):再完登できず
 超オススメの課題。Oさんに登ってもらいました。自分でも再完登しようと取り付きましたが、途中のムーブで肘と膝をぶつけて断念。一度登れている課題なので、動きが雑になっていたのだと思います。岩場では、もっと集中して登らないと。。。


 このあたりで、日没の時間になりました。本日のクライミングは終了です。
 今夜の夕食は、これまたチャンプMさんが教えてくれた『なとな』へ。大満足。

ダウンと海パン(高知・黒潮ボルダー Day01)

 お休みを利用して、高知県黒潮ボルダーに行ってきました。最初は「ソロでも行く!」と思ってましたが、ジャドーズOさんが同行してくれることになりました。ありがたい話だなぁ。私は、クライマー仲間に恵まれています。

<春野漁港の岩>
f:id:pmnj:20190314002642j:plain

 初日は午後に到着しました。まず訪れたのがココです。前回の高地遠征の時は、岩の周辺にロープが張られているとの情報があって来なかったので。日没までのわずかな時間を利用して、設定されている諸課題を「楽しーっ!!」と叫びながら登り散らかしました。今日は全課題をオゾンで。

・松の廊下(5級):オンサイト → 累計31本/34.5
 フレーク上のリップを右上していくトラバース課題です。マントルをどこで返すかがカギでした。

・松じゅん(6級):オンサイト → 累計32本/34.5
 左端の凹角を直上する課題です。思ったよりも簡単に感じられました。

・渚のヒールフック(4級):オンサイト → 累計33本/36.5
 写真には写っていない左側の面にある課題です。課題名にあるヒールフックは使いませんでした。スタートは“背負い投げ”でできてしまったので。

・フエコ・タンクス(10級):オンサイト → 累計34本/34.5
 写真の面の裏側にある課題です。アップに最適かな、と思います。今日は取り組む課題を選ぶ順を間違えたかな(笑)。

・春野漁港ジャンプ(3級):オンサイト → 累計35本/37.5
 トポには『ランジが気持ちいい』と書いてありました。チキンハートな私には、それはできません。リーチを活かして、スタティックなムーブで核心部を解決しました。問題は、その先のマントル。意外に悪くて怖かったです。。。

・松風(1級):敗退
 今回の遠征で、一番の目標課題です。かなりの便数を出しましたが、多くの方が核心だとおっしゃるカチまでは到達できませんでした。Oさんは、カチへのデッドポイントで手を出すところまで行っています。一方の私は、そのデッドを出すための体勢すら作れませんでした。


 松風の激撃ちをしている間に、日没の時間になりました。「明日、明日!」と言いながら撤収して、宿泊場所まで移動しました。夕食は、高知通のチャンプMさんが教えてくれた大黒堂。美味かったー。