pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

完全復活(Aジム598回目)

 仕事帰りに4時間。今日は全部コブラで。

・週課題■(薄かぶり壁・5級):OS
 一昨日のコンペで、強傾斜壁での弱さを実感しました。少しでも傾斜があると、全身が疲れてしまうのです。このところスラブ壁での練習が多かったからなのかもしれません。こういうときは登り込んでみよう、と考えて、まずコレから。

・週課題/(薄かぶり壁・4級):敗退
 傾斜があるということ自体が苦手になっているのではなく、傾斜+持ちにくいホールドの組み合わせに弱くなっているというのがよくわかる課題でした。初手のホールド、以前だったら「ガバだよ、ガバ!」なんて言っていたものです。それが持てない、持ててもマッチできない。うううん。

・週課題×(薄かぶり壁・3級):敗退
 1トライのみ。完登はできなかったものの、同じ壁の4級よりはずっと完登の可能性を感じられる課題でした。スローパーなら大丈夫、ってこと?

・週課題■(ルーフ壁・5級):OS
 スタートの足が見つけられずに迷ったけれど、やってみたらオンサイト。ガバなら大丈夫、ってやつですね。

・Kioku Syougai(強傾斜壁・5.11b/c):28/37手
 継続挑戦中の長モノ課題です。クライムダウン時のムーブがようやく決まり、全パートをバラすことができました。スタートから始めると27手目まででヨレ落ち。途中でのレストポイントをもう少し探って、完登を目指します。

・足長おじいさん(強傾斜壁・5.11c):12/36手
 Kioku Syougaiと同じ設定者の方が作った新作長モノです。強傾斜壁の凹角部分から始まる課題で、課題の注釈には「Power系」と。その通りの課題で、初手を取るまでに20トライ近くかかりました。初手を取ってから2手目(マッチ)までも、さらに10トライほど。壁に入り込む強さを要求される課題で、序盤だけでかなりヨレます。今日は12手目まで、どうにかこうにかつながりました。まだ全パートのムーブを固められていないので、完登までにはしばらくかかりそうです。

 今週末も岩場遠征を計画しています。梅雨が本番のようなので、登れるかどうかは不明です。登れても、登れなくても、次の週末で“課題挑戦期間”は終了にします。7月~8月はトレーニング期間にあてて、秋のシーズンに備えたいと考えています。スラブから強傾斜まで、しっかり登り込んで身体を作っていかないと。。

驚いた!(スポドリ! Cup 2017@東京・スポドリ!)

 ほぼ1年ぶり? に、コンペに出てきました。昨年は諸事情で出られなかった、東京・水道橋のスポーツ施設、スポドリ! での大会です。同僚Kさんも一緒に出るはずでしたが、諸事情によりDNS。コンペ初観戦の妻と一緒に、早起きしてお出かけです。
 大会のルールは、2年前に出たときと同じ。ただし、予選の課題数はグッと絞られていました。事前のオブザベ、超重要ってやつですね。

 スラブ壁の5級課題から始め、それはオンサイトできました。けれどもどういうわけか、身体が言うことを聞いてくれません。一時期おさまっていた左手指の痛みも出始めるし、気持ちは下降気味。「こりゃ上位進出は諦めて、面白そうな課題だけ触ろう」と思い、予選の75分間を過ごしました。
 結果、5級×5本(全完)、7級×2本、キッズ課題×1本。4級以上は1本も登れず(3級が完登できたと思ったのは、夢だったみたいです:笑)。前回よりもだいぶ下の結果でした。

 あんまり期待せずに結果発表を待っていたら、なんとなんと初級クラスで決勝に進出することになってしまいました。妻と顔を合わせて「えーーーーっ!?」とビックリ。参加していた知り合いたちからは「手を抜いたでしょ」とか「なんで初級なの!?」と。
 予選の順位は、初級クラスの同率7位。決勝進出者8人の中では最下位です。決勝はサドンデス方式。第一課題で8人→5人に、第二課題で5人→3人、第三課題で3人→2人と絞られていきます。完登数→最高高度→アテンプト数→予選順位…の優先順で優劣が決まります。ということは、自分がオンサイトできたとしても、他の人の結果によっては脱落してしまうことも。うーん、厳しいですね。ま、そのおかげで逆に開き直れたのですが。。

 いざ決勝へ。いろいろ考えると、ともかくオンサイトで完登して他の人にプレッシャーをかけていくしかありません。第一課題は3分のうち最初の1分をオブザベに使い、慎重に登って一撃しました。登った後で会場の様子を聞いていると、私の直後に登った方と、5番目に登った方が完登できなかったようでした。ちょっと期待していたら、6番目の方が一撃できなかったようで、どうにか第二課題に進めました。
 第二課題は、二番目に登ります。最初の方が何度か落ちている様子だったので安心できるかと思いきや、逆に「そんなに難しいのか。。」とプレッシャーが。いざ登る段になり、第一課題よりも慎重にオブザベして、何とか一撃。この課題でも生き残れました。表彰台、決定!
 第三課題。脱落するのは一人だけ。私が最初の挑戦者です。3位以上は確定しているので、だいぶ気楽に登れました。余裕でオブザベして、オンサイト。私以外の完登者が出なかったので、そのまま決勝へ。
 最終課題は、予選を2位で通過した方との一騎打ちです。ここまで来ると欲が出て、何とか優勝したいと思うようになりました。そうなると、身体も心も強張ります。大丈夫かな…と思ってましたが、最終課題は何と「数多くのスローパーで構成された」「手数が比較的多い10手くらいの」「緩傾斜壁の課題」というもの。ええ、超が付くほどの大好物ですよ、はい。まったく落ちる気がしませんでした。そのまま余裕を持ってオンサイト。後の方の登りを見ることに(最後なので、見ても良い)。対戦相手は私と逆の傾向の課題が得意だったようで、1トライ目では登り切れず、フォール。その時点で、私の優勝が決まりました!

 と、今日はまさかの結果に。賞品もいろいろ頂きましたし、なんたって初優勝ですし、嬉しいです。たまーには、こういう良いこともないとね。

裏目(ボウリング同好会)

 職場のボウリング同好会、月一回の練習会でした。コンペを控えているため、手指を温存する作戦。自分のボールは持参せず、ハウスボールの9ポンドを使うことに。リスタイもなしで。そうしたら

104-136-172(Total 412、Ave.137.3)

 というひっでースコアになりました。9ポンドだと、ジャストポケットでもスプリットばかり。3ゲームで10回割れて、そのほとんどが5-7や5-10でした。クライミングなら“ファイブテン”はいいけど、ボウリングではねぇ。。。最終ゲームは13ポンドに替えて、さらにブルックリンをわざと狙うという姑息なやり方に。それなりのスコアは残したものの、今ひとつスッキリしない終わり方でした。
 やっぱり、次はちゃんとマイボール持っていこうっと。

4日前なので(Aジム597回目)

 仕事はお休み。岩場遠征に行こうと思っていたのですが、あいにくの雨。おとなしくジムでトレーニングすることにしました。昼過ぎから3時間、今日は全部ミウラックスで。

・ノーハンドスラブ直上(スラブ壁・グレードなし):4ホールド
 足裏感覚はフューチュラ>ミウラー(レース)>ミウラックスという順番ですが、いったんホールドを足で捉えた後の立ち込みやすさは真逆の順です。今日は壁に手をついて4ホールドというのが、とてもラクにできました。やっぱりシューズの威力って大きいですね。

・ノーハンドスラブ右→左(スラブ壁・グレードなし):再完登
 直上はラクだったけれど、少しトラバース気味に上がっていく課題だと、ミウラックスは今ひとつでした。ミウラー(レース)よりもハーフサイズ上げたのが影響しているのか、横に動くときにシューズの中で足が少し滑る感じがしたからです。それでもフューチュラよりは立ち込みやすかったので再完登はできましたが、もしかすると適正サイズではないのかも。

・Teikuu Hikou(ルーフ壁・5.11b):RP
 今度の週末、久しぶりにコンペに出ます。左手指の調子をこれ以上悪くしたくはないけれど、身体は動かしておきたいと思っていました。そこで、手のホールドは全部ガバで、身体を大きく動かすというこの課題を。前回ムーブは作り、三分割では登れていました。今日は省力化を意識してやってみたら、案外アッサリと完登できました。

・Kioku Syougai(強傾斜壁・5.11b/c):敗退(15/37手)
 同じような目論見でこちらも。同じ設定者の『Teikuu Hikou』とは強度の高さが違い、スタートからだと15手目でヨレ落ちします。また、27手目以降にあるクライムダウンのパートは、ムーブが作れませんでした。うーん。

・ラジオ体操第一(薄かぶり壁・5.10b):敗退
 最後に「グレード低いし、傾斜弱いし、クールダウンにどうかな」と思ってコレを。ところが、コイツがまた難しい。4手目から5手目に出るところで足が滑って落ちるし、12手目からのムーブが作れないし、と散々でした。悔しいので、落とせるまでやろう! と思いましたが、長モノ3連続は辛くてギブアップ。コンペが終わったら集中的に取り組みます。

大切なのは(Aジム596回目)

 仕事帰りに、同僚Kさんと2時間ほど。今日は全部ミウラーで。

・ノーハンドスラブ直上(スラブ壁・グレードなし):4ホールド
 壁に手をついて、ウォームアップの代わりに。

・ノーハンドスラブ右→左(スラブ壁・グレードなし):再完登
 こちらも壁に手をついて。

・週課題■(フェース壁・5級):OS
 難しいところは、特になし。

・週課題/(フェース壁・4級):敗退
 ランジ? 遠いデッドポイント? ともかく、ゴール取りができず。

・週課題×(フェース壁・4級):RP
 ゴール取りが怖かったけど、まぁ何とか。

・Kioku Syougai(強傾斜壁・5.11b/c):敗退
 新しい長モノ課題です。長モノなのに、序盤から激しいムーブの連続でした。いっやー、キツイ。でも、身体の動かし方がわかるに連れて一手ずつ進んでいく感覚が、実に面白楽しいです。