pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

登れない10級(長野県・小川山ボルダー 005回目)

 仕事はお休みです。一時は雨予報が出ていてどうなるかと思っていた岩場遠征、奇跡的に好天に恵まれました。ほぼ一年ぶりの小川山ボルダーです。ジャドーズKさんと一緒に、朝の8時過ぎから16時くらいまで、たっぷり8時間遊んできました。
 小川山ボルダー、まだ5回目。行ったことのないエリア、見たことのない岩や課題が数多くあります。そこで、特定の課題に打ち込むのではなく、できるだけ多くの岩を見て回ることにしました。とは言え、実際に岩を前にすると登っちゃいます、打ち込んじゃいます(笑)。結局、見て回れたのは石楠花遊歩道エリアとキャンプ場ボルダーのみでした。

<眠り岩>
・眠り岩(10級):オンサイト → 累計44本/V66.5
 駐車場から石楠花遊歩道沿いに降りていき、エリアの端まで行ってこの岩へ。難しいようには見えなかったので、アプローチシューズのまま登ってしまいました。

・熟睡(10級):敗退(1トライ)
 同じ岩にある、同じグレードの課題です。でも、こちらはアプローチシューズでは登れず。(この時点では)「まあ、クライミングシューズに履き替えれば、登れるよね」などと舐めてかかっていました。「この岩には他の課題がないから、このまま次に行こう」とも。後から思い返すと、傲慢な話です。

<一筆岩>
・筆スラブ(5級):オンサイト → 累計45本/V67.0
 同行のKさんが挑戦したいと仰っていた『達筆』がある岩です。ここで初めてマットを広げて、本格的に登り始めることにしました。私は、ついているグレードの一番低い課題から挑戦。好きだけど苦手なスラブでした。けれども、今日はなぜか絶好調。事前のオブザベで、足を乗せるホールドをしっかり見つけることができ、体勢の予想もバッチリ。さらに、インスティンクト・レースで乗ってみると、結晶に乗れる乗れる。なんとオンサイトで完登できました。ビックリです。

・達筆(3級):敗退
 セッションしつつ進めましたが、どうにも登れずに敗退でした。足は乗れても、手で保持できない。


<流れ岩>
・流れの中に(1級):敗退
 今日、一番長い時間をかけて挑戦した課題です。二人でセッションしながら、いくつかのムーブを考えて試してみました。Kさんはスタートのホールドへ“手に足”での乗り込み、私はカンテ付近のスローパーへ左手を出してフリクションで押さえる“ラブタッチ風”が、最長高度まで進めました。ただ、傾斜が切り替わってスローパーになる上部の解決策は見出せず、本日は敗退です。ものすごく面白いと感じた課題なので、次シーズンの完登目標に挙げたいと思いました。

<もぐり岩>
・ひみず(10級):レッドポイント(4トライ) → 累計46本/V67.0
 もっとも凹まされた課題でした。『筆スラブ』と真逆の状態で、何もかもわからなかったからです。小川山の洗礼、というか、岩場での弱さを突きつけられた課題でした。どうにか完登はしてみたものの、「10級でこれか…」と。

・もぐら(6級):敗退
 そりゃあ、そうですよね。同じ岩の10級で、あれだけ苦労するんですから。。。

<第二河原岩>
・河原道(8級):オンサイト → 累計47本/V67.0
 今季の目標課題の一つだった『河の辺で』がある岩です。同課題の一部分にあたる、これから。想像以上に上部が難しく、肝を冷やしました。

・河の辺で(3級):敗退
 前日に降った大雨の影響で、初手や二手目のホールドはしっとりと濡れておりました。2トライ目くらいまでは気にしなかったものの、それから後は拭いてもしみ出してくる湿気にやられました。また、スタートして初手を出すのが難しく、1トライ目以降は決められなかったのも敗退の理由です。最初のトライ、どうやったんだろう? 「できるかな」なんて思いながら何の気になしにやってしまうと、こういうことが起こります。1トライを大切にしなくちゃね。


 ここまで登ったところで、すでに15時近く。今日は乗り込みがキモになる課題が多かったので、二人とも足指がヨレヨレでした。駐車場まで戻ってからは、空身でキャンプ場内ボルダーの諸課題や、きたない大岩を見て終了です。
 次回の岩場遠征は、来週の水曜日。行く先は小川山の予定です。今度はジャドーズNさんも一緒の三人旅。セッションパワーをもらいつつ、10級や8級などの課題から丁寧に登って行くつもりです。

虫歯(Aジム872~873回目)

 夜勤明け+残業が2回続き、どちらの日も中途半端に時間が余ってしまいました。隙間時間を利用してジムに行きました。やっぱり、こういうときはあんまり調子が出ません。どちらの日も更新された週課題を4級までどうにかこうにか完登して、そこで終了でした。

終わらない十連休(Aジム871回目)

 出勤前の90分。全課題をインスティンクト・レースで登りました。

 毎Aジムは、ファイル課題の豊富さが魅力です。毎日のように課題が作られ、“課題難民”になることはまずありません。4月末から5月上旬までの大型連休期間中は毎日、各種セッションが開催され、全50本を越える新課題が公開されました。
 今日からはそれらの新課題に挑戦です。強傾斜での弱さ、それにともなう逃げの気持ちを払拭するために、公開された日順にすべての課題を順に登って行くことにしました。今日は初日~3日目までの6~4級課題をすべてオンサイトしたところでタイムアップ。頭と身体の良いトレーニングになりました。

モヤッと(Aジム870回目)

 出勤前の60分。今日は全課題を三代目コブラで。

 前日の疲れが残っていたので、いわゆる回復系トレーニングを中心にしました。10~6級くらいの課題をゆったりと登り、全身の血行を促しました。身体のアチコチが固まっていたのは解消できたので、まずまずです。

疑惑(湯河原・幕山ボルダー027回目)

 仕事はお休みです。前日は雨のため断念した岩場遠征、今日はどうしてもガマンできずに行ってきました。湯河原・幕山公園は、すっかり新緑の装いになっておりました。

f:id:pmnj:20190508081610j:plain

 今日は全課題をインスティンクト・レースで登りました。四代目コブラも持参しましたが、どうしても必要な場面には出会いませんでした。



<梅干岩>
f:id:pmnj:20190508082755j:plain

・十郎(SD初段):レッドポイント(18トライ) → 累計43本/V61.0
 『貴船』『パイプライン』などの看板課題がある貝殻岩。そこから見える位置にある、実に地味な岩。それが梅干岩です。貝殻岩が多くの人で賑わっていても、この岩には人がいないことも多くあります。そんな岩に設定された最難の課題がコレ。以前にも何度か挑戦して、そのたびに「スタートできねぇ!」と言いながら敗退していました。岩場での経験を積んで、少しはマシになったかな…と思って、挑戦することにしました。
 予想通り、スタートが核心です。位置についてお尻が浮くまでに12トライもかかりました。そこから初手を取るまでに3トライ、二手目の遠いデッドポイント(私はランジにはならなかった)を決めるまでにさらに5トライかかりました。
 久しぶりに初段を完登できました。嬉しい! でも、撮影した動画では足の位置が見切れていたので辛口のジャドーズメンバーからは認定もらえないだろうな。。。


<河原岩>
f:id:pmnj:20190508101831j:plain

・山女(SD1級):取り付けず
 梅干岩から山を下りて、米粒岩へ。ずっと取り組んでいる『米蔵』を、あらためて見てみました。前回までは気づかなかったホールドを発見して、いわゆる初段バージョンができるという根拠のない確信を得ることができました。ただ、今日はいろいろと準備が足りなかったので、偵察のみで終了。次回こそ何とか完登する! という強い思いを持ちつつ駐車場まで行きました。
 そこからは河原エリアへ。今日の目標課題だった『山女』『岩魚』がある河原岩へ向かいます。前回は見通しのよかったこのエリアも、だいぶ草木が伸びていました。アプローチの踏み分け道は、もう少しで見えなくなりそうです。
 到着したら、数日前の雨の影響もあってか、河原岩の前はせせらぎに。マットを敷くとびしょ濡れになりそうで、帰りのバスや電車で周りの人に迷惑をかけそう。かといって、ノーマットで挑戦できるほどのメンタルの強さはなく、今日はノートライで終了でした。


<桜岩>
・桜花(1級):レッドポイント(2トライ) → 累計43本/V66.5
 河原岩を後にしたのが10時30分過ぎ。帰宅してからの予定もあったので、12時25分のバスには乗る必要がありました。残りは約1時間で、ここから梅林エリアや林エリアに向かう余裕はありません。そこで、近くにある桜岩で少し遊ぶことにしました。
 『ハイステップ』『スラブ』『のっぺり』など、以前に登っている課題を再完登してから、初挑戦のコレをやってみることにしました。トポには載っていない課題で、今ひとつルートがわかりません。そこで、動画投稿サイトで確認してから挑戦です。
 「どんなもんだろ?」と思いながらやってみたら、1トライ目でひょいひょいと登れてしまいました。これには自分でもビックリ。「いや、いくら何でも1級だよね!?」と思いつつ、撮影していた動画をジャドーズメンバーに送信して、これで良いかどうか尋ねてみることに。
 返信が来るまでの間を利用して、できるだけガバは使わずカチだけを使うラインで登り直しました。こちらも一撃で決まってしまって、二度ビックリです。
 みなさんからいただいた返信では、二度目に完登したルートが正解のようでした。ははぁ、なるほど。ただ、1回目の動画を送った後に撮影を忘れていたので、2回目の完登動画はなし。うーん、これも認定もらえないだろうな。。。


 そうこうするうちに、タイムアップ。今日はここで終了です。初段と1級が完登できたものの、どちらも認定を受けられない可能性があります。『米蔵』や『貴船』にも良い感触を得られたので、近いうちにまとめて4本挑戦しに来ますかね(強気)。