読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

爪先スイッチ(ムーブの覚え書き)

(*限定公開のエントリーです)

・片足がホールドに乗っていて、もう一方の足を乗せるホールドがない。
・足を乗せたホールドと、両手で持つホールドの位置が、ほぼ同じ高さにある(あるいは狭い)。
・その状態で、どちらかの手を上や横に出す必要がある。

 そういう状態の時に使うのが、腹筋や背筋を使った「引きつけ」です。体を壁に寄せることで手が動かしやすくなるのと、ホールドが近づくためです。私は、そういうムーブが苦手でした。片足しかホールドに乗せていない(=乗せられない、という意味)ため、力を入れていくきっかけがつかめなかったからです。先日の岩場遠征でも、似たような課題で苦労していました。

 同行者の方々が簡単にやっていたので、ひたすら観察。すると……乗せていない片足の爪先を、岩に軽く当てる、という共通項が見つかりました。試しにやってみると、確かに腹筋や背筋に力を入れていくのが簡単になりました! 足が何かに当たっていることで体のバランスが取れ、腹筋/背筋に力を入れやすくなるんですね。これを「爪先スイッチ」と名付けて、いろいろな課題の解決に使っています。

 爪先を当てる場所が見つけられないときは、両足の太腿を合わせるだけでも違います。どうしても力がうまく入らないというときに試してみるといいかも、です。