読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

痛えよ(Aジム566回目)

 激闘10時間は、いくらなんでもやり過ぎだったかと。昨日は一日中、全身の筋肉痛に悶絶しておりました。仕事休みで、ホンットウによかった。

 今日は仕事帰りに1時間ほど。到着時間が遅かったので、初級セッションには遅刻してしまいました。周りの皆さんに追いつくべくアップもなしで連撃したら、さすがにヘロヘロです。
・初級セッション課題・赤(推定7級):OS
・初級セッション課題・黒(推定7級):OS
・初級セッション課題・青(推定6級):OS
・初級セッション課題・緑(推定6級):2トライでRP

 セッション終了後は、「実は黒と赤の2課題は、足限定でも登れるんですよ(セッション中は足自由でした)」と設定者の方から言われたので、その条件で登ってみました。
・初級セッション課題+・黒(推定6級):OS
・初級セッション課題+・赤(推定6級):OS

 どちらもオンサイトはできましたが、グレードが一つ上がった感じに。なるほどねぇ。

 最後に、最近よくセッションする方とファイル課題に挑戦。
・コカコーラ(3級):敗退
 1トライのみ。黒スローパーから赤カチが遠く、「デッドでカチは取れない! 怖い!」と思ってしまって敗退。一昨日の連撃で手指に疲労が残っており、パキりそうだったので。。。

晴れ男、返上(Dジム005回目)

 湯河原・幕山公園に遠征するはずが、降雨との予報が出てしまいました。「北に行くほど、晴れそうだ」という情報を得たので、茨城・笠間に場所を変更。予定の集合時間に合流場所に行ったら、やはり雨。「こりゃダメだね」という結論になって、参加予定者全員でジムに行くこととなりました。
 選んだのは午前中からオープンしているDジム。実に2年近く空いての訪問でした。全員が集合したのは10時過ぎ。それから20時過ぎまで、10時間以上もセッションしてきました。みんな、おかしいよ。

 以前だと、Dジムでは4級くらいまでの課題を落とすのがやっと。3級だとかなり苦しい状態でした。今日は小競り合い効果もあって、3級だとだいたい一撃、手こずっても数撃で落とせました。数は少ないものの2級も数本落とせたし、1級でも楽しめる状態。いつも行くAジムでは「進歩がないなぁ」と思っていたけど、少しは強くなれているのかもしれませんね。

 やりながら思ったのは、ジムによるグレードの違い。仮説として考えたのは、オンサイトに対する考え方の相違かな、というものです。「この課題を、オンサイトしたら○級ですよ」という考え方でグレードを付けているジムと、「この課題を完登すれば○級の力が身につきますよ」という考え方でグレードを付けているジムと、両方があるんじゃないかと。前者の考え方だと思えるのがDジム、後者がAジムかなぁと思いました。

 つらつら考えながら10時間。滞在中は思ったよりもヨレは感じず、まだ登れそうな状態で終わりました。が、やっぱりそれはカンチガイ。帰宅してお風呂に入ったらドッと疲れが出て、起きていられなくなりました。明日の朝、起きるのが怖い。

高性能地下足袋(Aジム565回目)

 今日も靴慣らし。
 Futura、初日からかなり足に馴染み、とても登りやすく感じます。これまでのシューズのどれよりも、足を包み込むように思いました。狙いだった足裏感覚は、すごいの一言。高性能の地下足袋、とでも言えそうです。

靴と身体と(Aジム564回目)

 新しく購入したFuturaの慣らしをするため、同じくニューシューズを購入したKさんと一緒に。金曜日には岩場遠征が控えているので、今日は限界グレードへの挑戦はなし。○級とグレードがついている課題は登らず、緩い傾斜の壁で足に気をつけながら登りました。

物欲のカタマリ(3足追加)

 岩場はMiura、人工壁はCobra

 で、決まっていたはずだったのに、最近になって新しいシューズを続々と購入してしまいました。心が揺れることが多くて、というのは言い訳。手も足も出ない岩場の課題が多く出てきたことで、「新しいシューズにすれば、登れるのかもしれない」と思ってしまったのが主な理由です。それより、スキルを磨けばいいのに、ねぇ。

・La Sportiva Miura XX(EU 40.5)
 今季限定のモデルだそうです。一度に複数購入したMiuraのソールが、いずれもだいぶすり減ってきたので、発売開始と同時に飛びつきました。まだ岩場でのデビューはしていないので、本当の代替機になるかどうかは不明です。ジムでちょっと履いてみた印象だと、ダウントゥがキツイ感じ。ハーフサイズ上げてみたのは正解だったかと思います。岩場で緩いようなら、ソックスを履いて調整します。

・La Sportiva Futura(EU40.0)
 笠間のスラブでMiuraが“弾かれる”という経験をして、「もっと柔らかいシューズもあった方が良いかも」と思いました。Cobraでももちろん良いのですが、スリッパタイプだとヒールフックの時に脱げてしまいそうな不安感があります。そこで選んだのがコレ。同じノー・エッジ・コンセプトのGeniusと30分以上も並べて履き比べをして、こちらの方がより足を包み込む感覚が強かったので決めました。ベルクロの細さはちょっと怖いけど。

 実は、この2足の他にCobraの2代目(EU 39.5)も購入しています。初代Cobra(EU 40.0)が緩くなり、かつ、ソールが剥がれ始めてきたためです。ここ数ヶ月で、一気に3足。こんなに買ってしまうと、かえって迷ってしまうかもしれません。いろいろ登り込んで、特徴をつかまなくちゃ。