読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

ギャップが(G2ジム001回目)

 ボルダリング専用のジムが、あちこちにできています。一つのジムの支店(で、いいのかな?)も。以前訪れたGジムの2号店が、最近になってオープンしました。すでに会員になっているリードのパートナーと一緒に、強行偵察です。全部フューチュラで。

 最初は勝手がわからないので、低グレードの課題から順番に触っていきます。このジムでは、8級が最も低いグレード。それでも手足限定なので、しっかりとしたオブザベが大切でした。8級→7級→6級→5級とやって、だいたい感覚がつかめました。ここからは本番。リードのパートナーがオススメしてくれた課題を、次々にやっていくことにしました。

 どの課題も面白くできましたが、特に集中してやったのは3級の課題二つ。一つはゴールのホールドを取りに行くのがとても怖い課題。「スラブなんだから、両手離して足を送ればいいんだよ」と、リードのパートナーが見本を見せてくれます。いやいや、そのムーブ、とっても苦手なんですが。。結局、強引なデッドで取って決着。スラブ、下手だな、オレ。
 もう一つは、やや被った壁にあった課題。「クライミング経験のない人が見たときに、“いかにもボルダリング”って感じるような課題だよね」と、リードのパートナー。確かに、大きなスローパーを両手で抱え込み、ヒールフックからの立ち込みやデッドでの飛ばしを多用します。ふむ。途中のスローパーが持てずに(スローパーのくせに!)3度落ちましたが、4トライ目でなんとか完登。周りで見ていた方から拍手されちゃいました(照)。
 さらに、と思って挑戦した2級課題は、途中のスローパーをコーディネーション的に止めていくところが解決できず。こういう課題は、もっと練習しないと精度が上がりませんね。

 なんだかんだで予定の2時間はあっという間に過ぎ、タイムアップ。午前中に行った岩場とのギャップが大きくて、ちょっと適応までに時間がかかりました。それでも面白かったから、いいかな。

謎の数字:128.5