読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

そして初日(Aジム540回目)

クライミング Aジム

 イベントを終えて、平常運行に戻ります。今日からは、中断していた長モノ(疑似・石灰岩:5.12a)への挑戦を再開しました。
 この課題、自分にとっての核心は序盤の赤ルート・中間辺りにあります。足が少し高い状態で手をクロスで出し、ピンチで保持しながら身体を返していくところ。そこの成功率が(他の箇所と比べて)異常に低かったのでした。「ボルダー力をつければ、突破できる」とのアドバイスが腑に落ちたので、ガチガチのボルダリング課題ばかり14連登。「さすがに、少しはボルダー力もついたに違いない」と思って、イベント終了後に敢えてレストを入れずに登ってみることにしました。
 スタートから初手を出すところで、自分の変化にビックリ。持てる! 乗れる! こんな感覚、久しぶりです。問題の部分も、これまでとは安定感がまったく違いました。嬉しいっ!

 でも、良いことばかりではなく。
 ホールドが「持てる」ので、「持ってしまう」んですよね。ホールドに触れた瞬間に手指でグッと握り込み、前腕が緊張するのがわかります。一手一手が、全部そんな調子。持ちすぎてしまうので、一手ごとに身体が硬直し、次の一手がスムーズに出ません。リズム感がない登り、と言えば良いでしょうか。持てるようになっているんだから、逆にもっと脱力できるはずが、中断前よりも緊張した登りになっています。
 当然、そんな調子だと最後まで持久力が保つはずもなく、今日は赤ルートを終えるのが精一杯。手指の保持力を信じつつ、足へ負荷を分散し、リズム良く登っていけるように“モードの切替”をすることが必要そうです。

 残った時間は、更新された週課題に挑戦。薄かぶり壁の5級(OS)、4級(二撃)、強傾斜壁の5級(二撃)まで落として、今日は終了でした。