読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

グレードなし(Aジム471回目)

 仕事はお休み。6時間近くの滞在でした。

 傾斜のキツい壁で、限界グレードの3級課題に挑む。さすがに、連日は難しいことがよくわかりました。持てない、乗れない、動けない。限界をプッシュするときは、身体のコンディションを整えなくてはダメですねぇ。

 今日は何をしようかな…。と思っていたら、ちょうどよいタイミングでジムのスタッフが新しい課題を設定し始めました。ちょっとお願いして、挑戦中の常連の方に混ぜてもらうことにしました。できたての課題、しかも試登なしの“目課題”なので、グレードの表示はまだありません。こういう課題を登って、初見でのオブザベ力を高めると同時に、「○級だからできる、△級だからできない」という先入観をなくす練習をしてみたのです。フェース壁での練習結果は以下の通りです。カッコ内は、常連の皆さんが登った後に決まったグレードです。
・左(たぶん4~5級):途中の足上げが辛くて、最後まで落とせず。
・中(たぶん4級):薄いホールドをカチ持ちでなくピンチにしたら、2トライで完登。
・右(たぶん4級):薄いホールドでのトラバース。ラクにクロスが出せてオンサイト。
 となりました。

 続いてスラブ壁に移動し、こちらも設定グレードが書いていない4つの課題に挑戦しました。このところよく一緒に登る方たちが合流してくれて、ワイワイとセッションです。
・黒(3級かな?):2手目を取ったところで足が上がらずに、詰み。
・緑(6級かも?):一手物。「スタートするのが難しいんですよ」という話でした。OS。
・青(4級かな?):薄いアンダーに足は置けても、乗り込めずに敗退。
・赤(4~5級?):たぶん、4課題の中で最も素直。でも足に乗り込めずに敗退。

 一通り挑戦した後は、セッションしていた皆さんと垂壁へ。「グレードのない課題、ないかなぁ」と探していたら、ファイルにありました! さっそく挑戦。
・左(4級?):ゴール一手前をゴールとカンチガイしてOSを逃しました(涙)。
・S大(5級?):これはOS……と思ったら、ゴールマッチ×。2撃。
・S小(4級?):ゴール一手前のホールドが取れず、トライ数嵩む。
 垂壁の課題は、すべて足自由でした。強引なムーブに持ち込んでの解決で、お世辞にも綺麗な登り方ではありませんでしたが、3課題ともすべて完登はできたのでヨシ! です。

 グレード表記のない課題、面白いです。コンペに出ているような気持ちになれました。と同時に、いかに普段のクライミングが表示されたグレードに囚われているかもわかりました。テープの色、トポのグレード表記、そういうものから与えられる先入観って、とても大きいんですね。