読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

迷い道(Aジム468回目)

 仕事帰りに5時間半(!)。

 まず、更新された週課題から挑戦。薄かぶり壁の5級は、私にとってはホールドが多すぎて迷ってしまい、オンサイトできず。2トライ目は自分のリーチや動き方にあったホールドだけを選んで使ってみたら、実に簡単に落とせました。オブザベ力が不足していることがよくわかる、好課題だったと思います。悔しいですけどね。
 強傾斜壁の5級も、オンサイトはできずに2トライ必要でした。こちらも一つ、手で持った方が良いか、足用のホールドとしてだけ使うか迷うホールドがあったためです。最初は足だけで乗ったけど、それだと途中のムーブの強度が高まってしまい、ヨレ落ちします。手でいったん持って身体を上に上げてからムーブを起こすことで、最後までラクに進めました。これもオブザベ力。
 薄かぶり壁の4級は、左手/足での「手に足ヒールフック」が、私にとっての核心でした。左右で動きがまったく違い、左側がカギになる課題は総じて苦手。この部分だけバラして万全にしてからのトライで何とか完登。これもまた、好課題。
 残りの3級(薄かぶり壁と強傾斜壁にあり)、2級(強傾斜壁)は、ほぼ手も足も出ずに敗退。これはまぁ、しょうがないか。
 全体として、今週の週課題は私の苦手なものが数多く詰まっていたので、しばらくリピートします。

 週課題への挑戦が終わったところで1時間ほどが経過していました。連登13日目なので「そろそろ帰ろうかな」と思いましたが、知り合いのクライマーが「明日は行くので、よろしく!」と仰っていたので、「せめて挨拶くらいはして帰ろうか」と思い直し、待ちモードに移行。ただ待っているだけだと身体が冷えるので、他の課題にも触ることにしました。

 ちょうどサーキットトレーニング仲間が来たので、今日もまた常設テープ・5級の時間限定サーキットを。割と調子が良くて、いつも落ちる諸課題(垂壁の1や、緩傾斜壁の9、Hなど)はラクラク落とせました。「今日は行ける!」と思ったら…。
 薄かぶり壁の足限定・Fで落下。核心であるホールドの保持はできたものの、次の動きを迷ってしまい、いわゆるヨレ落ち。情けない。結果的に落ちたのはその1本だけだったので、ひっじょーに惜しい結果となりました。
 5級サーキット、早いところ全完登して、次のステップ(セット数を増やす、グレードを4級に上げる、など)に進みたいんですけどねぇ。なかなかうまくは行かないものです。

 サーキットを終えたあとは、垂壁の課題でセッション(再完登できない4級の2番とか、皆さんが苦手な5級の1番とか)したり、他の皆さんが週課題に挑戦するところをじっくり観察したり、などしていました。結局、閉店時間まで。