読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

○と×の間で(Aジム437回目)

クライミング Aジム

 仕事帰りに2時間ちょっと。
 今日も薄かぶりの壁にある4級課題に挑戦してきました。足自由が2本、手足限定が1本です。

 最初に取り組んだのは、足自由の課題(4)。皆さんが「あそこは簡単」という黄色のカチ取りが、どうしてもできないままだった課題です。仕事中ずっと「左足を真下に落として右足を高くする? それとも、狭いけどヒールフックで行くか?」などと考えて、3つのパターンを用意してみました。が、どれを使ってもできず。見かねた常連の方が、自分では思いつかなかったような足の位置を教えてくれました。「ホントに~!?」と半信半疑でやってみたら、あっさりクリア。ムーブの解決力のなさを思い知る結果になりました。

 2本目は、「次は行ける!」と思って昨日は深追いしなかった手足限定の課題(B)。落ち着いてオブザベしてからやってみたら、今日は一撃で完登できました。これまで「次は行ける!」と思っていても、いざやってみるとダメ……というパターンが多かったので、自分でもビックリしました。下部を2回ほど触っただけで、上部はバラしてのトライもなし。こういうのは初めてです。

 3本目は、この壁では一番難しいと思える足自由の課題(3)。やっぱり今日も核心が越えられずに敗退しました。左右への重心移動が下手で、特に「移動することを想定したホールドの持ち方をしておく」ことができていません。オブザベ段階での読み/予想の甘さと、ムーブを読み解けてもその通りに動けない身体能力の低さ。その二つが組み合わさって登れないんだと分析しています。まだまだ練習しなくちゃ。

 残った時間は、同じ壁にある3級と2級の課題をお触り。3級の課題は3本。足自由の1本(1)はスタート核心で、初手さえ取れれば落とせます(お、言い切った!!)。手足限定のうち1本(B)は核心を越えられる感じがまったくせず、もう1本(C)の方は落とせる可能性が少しありそうです。2級課題は手足限定の1本(A)が、「もしかしたら、行けるかもしれない」という状態。落とせる! と断言できるわけじゃないけど、挑戦する意欲は得られました。