読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

感覚の変化(Rジム009回目)

 リードのパートナーと合流したときに「久しぶりだから、軽いのからやりますね」と一言かけました。その直後に「“久しぶり”ってなんだろ?」と、自分に軽いツッコミを入れました、ええ。ちょっと前までリードは2ヶ月に一度くらいしかやってなかったのに、最近だと1週間空いただけで“久しぶり”と感じます。いろいろ変わってるんだなぁ、と。
 今日は最後の1本を除いてリードのみ。クリップ下手を克服すべく、丁寧に登ることを心がけてみました。

・5.5、5.8、5.9(入口左壁・白、紺、紫):アップで。
・5.10a(入口左壁・黄):OS。
・5.11b(入口左・中央壁・若草):OS。
・5.11a(奥右壁・黒):×。トップロープで行ったけど、今日も核心を越えられず。

 強傾斜の壁だと、手のホールドが持ちやすいものが多くなっているため、クリップ時の体勢を作るのがとてもラクにできます。足は乗せているだけで、身体張力を使って腹筋で耐えている感じ。自分の得意な角度だから気持ちもラクで、安定して登れます。今日は11bがオンサイトできました。
 一方で、薄かぶりの壁は苦手。手で保持できている感じがなく、しっかり足に立たなくちゃダメだからですかね。今日は10aでもクリップ時にヒヤリとすることがありました。

 今まで「ホールドを持つ」ことが保持力だと思っていましたが、それだけではないですなぁ。「ホールドを効かせる」保持力の引き出しが少ないです。