読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

困ったなぁ(愚痴です)

 たまには愚痴も言います。一応、記事は折りたたみます。



 ジムに、困った人が出現中。
 自分より弱い人が登っていると近くに寄っていき、あーだこーだと大声で指示を出します。本人はアドバイスしてあげてるつもりなんだろうけれど、ちょっとイライラします。クライミングは、自分で考えるから面白い、と思っているのが一つ。もう一つ、端から見ていると指示の間違いが多くなっていること。そんなムーブじゃ登れないよお……って、思っちゃうんですよね。
 私も一度被害に遭いました。新しい課題をオンサイトするつもりで登っていたら、後ろから大声で「違う!」。使うホールドを間違えてしまったのかと思い、マットにジャンプ。そうしたら「あのホールドは右手で取るのが正解!」と。うーん、貴方にとっての正解が、私にとっての正解じゃないんだけどなぁ。自分の正解は、自分で見つけたいんだけどなぁ。
 以前からこんな調子でしたが、最近は自分が登っていない課題についても指示を出すようになっています。被害に遭うのは6級とか5級くらいの課題に挑戦中の、初級者くらいの方たち。後ろからの指示に一生懸命従おうとして、それでも登れない。そりゃ、間違った指示に従ったら登れないですわ。最後には辛そうな、悔しそうな顔をしてジムを後にする。そんな人を見るのは、悲しいなぁ。

 さらにイラッとするのは、何でも人に聞いてから始めようとすること。「あの課題のあの部分、どう登りますか?」と、よく聞かれます。口で説明してもわからないと「登ってみて下さい」と。教えたとおりに自分ができそうにないと「それは自分にはムリです。○○が痛くて、そのムーブはできないんですよ」などと言い訳を始めます。では、と思って別のムーブを説明/実演してみせると、「それは貴方が強いからできるムーブですよ」と言い出してしまいます。結局、最後まで自分では登らずに、「今の自分にはムリかなぁ」と言いながら去って行く、と。オレの時間を返せー! ですね。

 こういう人、どこにでもいるんだろうなぁ。どんなところでも、出逢う恐れがあるんだろうなぁ。なるべく関わらずに、楽しくやっていきたいなぁ……ムリか。