読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

個人の感想です

 何度でも書きます、ええ。

 クライミングをやっていて、うまく課題が登れない、ホールドが持てない、ムーブがわからない、と思うことは数多くあります。そんなとき、どうしてますか?
 人によって解決方法は違うでしょうが、私の場合、まず「あやにっき」を見ます。これはアヤ先生が書いているブログで、人工壁でのボルダリングを中心にしたムーブのコツや解説が数多く紹介されています。


 クライミングを始めて少し経った頃、壁にぶち当たりました。どうすれば、うまく登れるようになるんだろう? そんな風に考えて色々な本やブログを見ましたが、ピンとくるものはありませんでした。頭では理解できても、腹に落ちない(=納得できない)。というものがほとんどだったからです。そんなとき、検索で見つけたのが「あやにっき」でした。


 「あやにっき」は、いわゆる入門書のように難易度などの順を追って記載されているわけではありません。コツ、ヒントがアトランダムに紹介されています。人によっては雑然としていて、整理していない感じを受けるかもしれません(私も最初はそうでした)。けれども、一つ一つのヒントやコツが、とても「わかりやすく(自分でもやってみようと思えるような書き方で)」紹介されています。何か一つの項目を自分のクライミングに取り入れてみるだけでも、効果が高いと思っています。
 また、それぞれの項目を何度も読んでいると、項目ごとの連関性が高いこと、全体に通底する考え方があることも伝わってきます。一つの項目を取り入れたら、次は二つ目の項目「も」取り入れていくと、登ることがラクに、そして面白くなってきます。


 正直なところ、最初のうちはチンプンカンプンだった項目もありました。けれども、後になって「ああ、そういうことだったのか」と腑に落ちる項目がどんどん増えていきました。人工壁のクライミングで登れる課題のグレードが上がったのも、岩場で初段が登れた(まぁ、認定されてないけど:笑)のも、「あやにっき」のおかげだと思ってます。アヤ先生の家の方角には、足を向けて眠れませんなぁ。。


*この記事は、あくまで個人の感想を紹介するものであり、効用/効果を万人に保証するものではありません。用法、要領を適切に守って、個人の責任においてお試しください(笑)。