読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

リングに上がれず((THE NORTH FACE CUP 2015@東京・Fish and Bird))

クライミング コンペ

 今年の2月に参加して悔しい思いをしたコンペ、The North Face Cup 2016に出場してきました。10ヶ月間のトレーニングで、どれだけ登れるか。期待と不安を抱えながらの参加でした。コンペ前日の寝付きは珍しく良くて、10時間以上たっぷりと睡眠をとれました。4日間レストもして、体調はまずまず、気合いは十分。さて、どうなるかな。

 別の用事を済ませて会場入りすると、すでにDivision Funの予選が始まるところでした。期待のチャンプを応援しつつ、手早く着替えとアップを済ませます。チャンプは残念ながら予選を突破できませんでしたが、その勇姿に「オレも負けてらんねぇ!」とモチベーションが高まります。

 そして、自分の予選がスタート。最初はDivision Funと重複する5課題から始めました。一番簡単そうなA壁の課題をオンサイトして調子に乗って、次はB壁へ。ところが、身体が全然言うことを聞いてくれません(涙)。特に腹筋と背筋がまるでダメ。身体全体を伸び上がらせていくような動きができず、以降にトライした課題はボーナスを取るのが精一杯でした。

 結局、1完登6ボーナスで、ほぼ最下位に沈みました。こんなはずじゃ、なかったのに。。

 終了後は、上位ディビジョンの予選をずーーっと見学していました。会場2階にちょうど良い場所を見つけて、クライミングの師匠と並んで観戦することに。同じ場所で見ていると、いろいろなことがわかりますね。Div.3の皆さんが苦戦していた(セッション終盤まで完登者が出なかった)のは、A壁やB壁の課題でした。「うわーっ、あんなの登れる人なんているのかな」なんて思いましたよ、ええ。ところが、次のセッションではDiv.2の選手達が「これ、お買い得だよね」とばかりに同じ課題をオンサイトで易々と登って行きます。完登者、続出。あ、あの、これがレベルの違い、ってやつなんすかね。すげぇなぁ。さらにDiv.1の選手たちは、もはや異星人としか思えないような強さ。身体能力の高さももちろんですが、オブザベの早さ、ムーブを固めていく修整能力の高さには、ほんとうにビックリしました。いやぁ、本当に良いもの、見せてもらったなぁ。

 閉会式の後は、師匠と食事をしつつ反省会など。今日はほぼ観戦者として過ごして終わりましたが、次に出場するときは「リングに上がる」レベルにはなりたいものです。