読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

長モノスキーの血が騒ぐ(Oジム001回目)

 最近よく一緒に登るメンバーでOジムへ。以前に外の岩場で出会った方が、実は知り合いの知り合いだったことがわかり、その方も一緒でした。全部で4人。楽しいセッションでした。
 初めてのジムだったので、グレード感を確かめるために一番下の級から始めました。6級までは特に難しい課題はなく、いずれもオンサイトで登れました。んが、調子に乗ってとりついた5級の課題が難しい。特に、みんなで登っていたホールド替え直後という強傾斜壁の課題は、とても難しいものでした。他の傾斜の5級課題は落とせても、その壁の課題は落とせない、という。何度も挑戦したけれど、跳ね返されました(涙)。

 ちょっと気持ちが凹みそうだったので、常設の長モノに挑戦。緩傾斜の課題は、手足限定の30手。7手目のホールドが非常に悪く、まったく保持できませんでした。スタッフの方が「最初は、足自由でもいいですよ!」と仰ったのでやってみたら何とかゴールまで行けましたが、7手目の後も悪いホールドが続いて非常にしんどい課題でした。ご一緒した方に聞いたら「5.15aという話もあるよ」とのこと。そりゃ難しいわけだわ。
 もう一つ、垂壁の長モノは20手。緩傾斜での経験を活かして最初は足自由でやったら、すんなりゴールまで。「垂壁だもんね、手もガバだしね」と思って足限定にしてみたら。あら不思議、体勢がまったく作れずに4手目で落ちてしまいました(苦笑)。うーん、参ったなぁ。

 初めてのOジム、面白かったです。課題のグレード感はAジムとほぼ同じでした。5級が何とか落とせて(落とせないのもあったけど)、4級だとかなり厳しい、というところ。課題の傾向は少し違っていましたが、登っていて面白い/楽しい課題が多かった印象です。あの長モノもやりたいので、ときどき通ってみることにしましょう。