読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

笑うしかない(山梨・瑞牆山ボルダー002回目)

クライミング 山梨・瑞牆山ボルダー

 ゴールデンウィークに残した宿題を解決しに、皆さんを巻き込んで瑞牆へ。今回は日帰りでの遠征です。「ともかく、1課題だけでもトップアウトしたい」と強い気持ちを持って臨んでみました。


 今日は、以下の3課題に取り組みました。


01)ガリガリ岩・ガリガリトラバース(2級):トータル10トライくらい
 瑞籬山ボルダーが初めての方もいらっっしゃったので、ホールドが比較的持ちやすい/乗りやすいガリガリ岩でアップをすることにしました。その隙に、いまの自分には一番可能性がありそうなこの課題を。今日は個々のパートをバラしてムーブを出すことに専念しました。ムーブが出せたら、つなげて挑戦。今日こそ行ける! と思って取り組みましたが、やっぱりダメでした。
 敗退の原因は、集中力が続かないこと。自分で決めて、バラしてはできているムーブの手順/足順を、つなげて挑戦すると忘れてしまいます。元の順にリカバーするときに体力を使ってヨレてしまい、最後まで行けないというパターンばかりでした。いわゆる“自動化”ができるまでムーブを染みこませておかないと、岩場で手数の多い課題は辛いです。


02)桃岩・桃源(右抜け)(6級SD):トータル5トライくらい
 今日の目標課題でした。経験者の皆さんが「アップにちょうどいい岩」と仰る岩にある、6級の課題です。岩の前についてオブザベをしてみると「これで6級か!?」という言葉が、自然に口をついて出てしまいました。思ったより傾斜のキツい面で、カチを持ってのシットダウンスタート。あー、あー、もうその時点で苦手意識が。
 頑張って取り付いてはみたものの、やっぱりスタートに苦労してしまいました。足の位置が決められず、腕での懸垂で体を引き上げようとしているため、あっという間にパンプ。カチを持つ指もどんどん痛くなり、5トライしたところでギブアップでした。
 同行者の皆さんは最初手こずっていたものの、どんどんスタートからの最高到達高度を伸ばしていき、1人は完登でした。


03)千里岩・百里眼(1級):トータル5トライくらい
 ここで参加者が2チームに別れ、それぞれがトライしたい課題のあるエリアに移動しました。私は倶利伽羅岩・カラクリにトライする方と一緒に二ノ谷エリアへ。その方たちがやるというこの課題に触ってきました。
 ええ、触ってきました。
 スタートの体勢にさえなれず、終了です。


 今日はここで終了。瑞牆を後にしたのは16時前でした。夜の早い時間には帰宅できるだろうと思っていたら、高速道路が工事渋滞でえらいことに。前回とあまり変わらず、5時間以上かかってしまいました。事前に工事期間のお知らせが出ていたのをチェックしておけばよかった。。
 今回の遠征でも、岩場の難しさを痛感しました。やっぱり、収穫はゼロのまま。けれども、瑞牆の課題はますます好きになりました。何度でも通って、少しずつ慣れます。