読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

新しい出会い(Jジム001回目)

クライミング Jジム

 来月の中旬までは、、新しいジムに積極的に行く期間にしました。オブザベ力/オンサイト力を鍛えたいのと、気分転換の意味も込めて(こっちがメインかも)。
 第一弾はJジムです。マンションの地下にあると言うことだったので、少し不安な気持ちを抱えつつ。軽い閉所恐怖症があって、窓のない地下のジムはダメなんです。行ってみたら、斜面に立っているマンションで、入口から階段を降りたところにはありましたが大きな窓もしっかりあって開放的なよい環境でした。ホッ。
 ボルダリング壁は全部で6つ。強傾斜とルーフは立体壁、残りは平面になっています。各壁のホールド密度はAジムやBジムほど高くなく、Fジムに似た感じでした。この壁に、8級から初段まで、グレード別の課題がたくさん設定されています。この他に、ロープクライミング用の壁も3面ありました。同じようなロープ/ボルダリングができる他ジムと比較すると、ボルダリングの方が床面積が広く、Bジムと似ているように思いました。


 初めてのジムなので、グレード感の確認から始めました。各傾斜にある8級の課題を順番に触り、様子を確かめていきます。8~6級の課題までは、何の問題もなくオンサイト。5級になると難しいのが出てきて、オンサイトできない課題も2つほどありました。4級はオンサイトできる/できない課題の割合が6:4というところ。3級以上の課題は1つしか落とせず、しかも5トライを要しました。いつも行くAジムと、時々行くFジムの間、というグレード感でした。
 課題の傾向は傾斜ごとに違っていて、スラブ~垂壁くらいの壁は「しっかり立ち込んで、遠い手を取る」「バランスを取りながら、遠い足を出す」という課題が多かったように思いました。ボディコントロールが重要なバランシーな課題というよりは、どんなムーブを思いついて出せるかを試される引き出しの多さが要求されるような感じです。逆に、薄かぶりからルールまではパワー系。「バンッと飛んで、バシッと止める」ような動きを要求される課題が多かったように思います。スタティックな動きで出ていく課題は、あまり見受けられませんでした。
 その他に特徴的だったのは、ハリボテ(箱)を使う課題が多かったこと。大きなものではなく、小さなものがほとんどでしたが、通常のホールドの代わりに使われている箇所が多くありました。「ボテを持って、ボテに乗って、ボテに出て行く」ような課題もあって、なかなか面白かったです。ボテ以外にもスローパー風のホールドが多く、カチやジブスは少なかったように思います。


 連休の中日、しかも月末と言うこともあってか、他のクライマーはあまりいませんでした。ピーク時でも各壁に1~2人程度。思う存分、壁を占有して登ることができました。新しいムーブのヒントもいくつか得られたし、苦手だった手に足も練習できたし、いい一日にはなりました。
 ところで、このジムは会員証はないのかな? くれなかったけど。Eジムと同じなのかもしれませんね。今度行ったときに、聞いてみます。

(5月7日の追記:今日行ったら、メンバーズカードくれました。前回は「メンバーズカードがあることを伝える/渡すのを忘れていた」そうです。失礼な話ですなぁ)