読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

連続の遠征(Hジム001回目)

 今日も連続で遠征してきました。湯河原で前部岩を触っているときに「初物って楽しい!」と思ってモチベーションが高まったので、その感覚を大切にしたいと思いまして(笑)。未知のものに出逢うと、ワクワクする気持ちを抑えきれません。

 そんなわけでHジム。最初はグレード感をつかむためにスラブ壁にある7級の課題から。登るのは問題なく、オンサイト。でも……壁の高さを感じてしまい、クライムダウンに苦労しました。ガバのようなホールドがあまりなくて、適当に降りるのが難しかったためです。いつもいくAジムの感覚でやったら怖い怖い。Fジムと同じように、登る前にクライムダウンのルートも見ておいた方が良さそうな感じですね。
 次は垂壁の7級課題をオンサイトし、スラブの6級に。ところが、これがオンサイトできない。スタートホールドがイヤらしい形(褒め言葉)をしているのと、ちょうど良い足のホールドがないため、一手目を出すのに苦戦しました。一手目のホールドもジブス風で、ゲゲゲのゲ、です。結局3トライすることになってしまいました。

 アップでは苦戦したものの、その後にやった垂壁~緩傾斜~強傾斜の5級課題/4級課題はだいたいオンサイトから3トライ以内に落とせました。グレード感はスラブ壁を除けばFジムやGジムと同じように感じました。ただ、課題自体の傾向はずいぶん特徴的で、何というか、岩場に近いように思えました。4級以上の課題にも「足自由」「手足限定」が混在しているところは気に入りました。Aジムと同じような考え方なのかもしれません。
 最後に、複数の長モノ課題をやって終了。いろいろな傾斜の壁に常設の長モノ課題があるのは、とっても嬉しいなぁ。

 落ち着いた雰囲気の良いジムでした。登っている人、見ている人の声があまり聞こえず(「ガンバ!」って言わないのね)静かに壁に向き合うことができました。ムーブを教え合っている様子もあまりなくて、自分の頭で考える/解決することを要求されているように感じました。もう少し近かったら、きっとホームジムにしているなぁ。