読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

悔しいっ!(湯河原 幕山・幕岩ボルダー 006回目)

 岩場デビューの方と二人で湯河原へ。前日がほぼ一日中雨だったので岩のフリクションと下地が気がかりでした。強行軍、行ってダメだったら即撤収という覚悟を決めて朝から移動開始。いつもと変わらない幕山が迎えてくれて、ホッとしました。

 今日挑んだのは以下の2課題でした。


01)貝殻岩・パイプライン(初段):4トライするも敗退
 継続的に取り組んでいる課題です。今日はリップをデッドポイントで安定して取れるようになり、進歩を実感できました。そうなると先のムーブにも余裕ができて、4トライ中4回、ヒールフックまでOK。足も攣りません。
 ただ、ヒールをかけた後にどう重心を持って行くかという部分が、ジムで練習していたのとだいぶ違って面食らいました。迷ううちに足から意識が離れてしまい、ヒールが外れて落下。これを2回繰り返し、「よし、大丈夫!」と思って挑んだ3トライ目。今までになく安定してヒールがかかり、もう完全に落とせた感じになりました。が……つまらないところでミスして落下。本当に悔しい終わり方でした。

f:id:pmnj:20141119080839j:plain


02)桜岩・ノーズ(2級):4トライで完登
 前に取り組んだときにはスタートできる気がしなかった課題です。今日はなぜか、足を置く位置をすんなり見つけられました。「この足なら、乗れる、立てる、立ち込める」。後から思うと根拠のない自信が、心の中に沸いてきました。あるんですね、そういうこと。その足に乗って始めてみたら、スタートできる、次のホールドが取れる! ムーブの精度に問題があって3回失敗しましたが、最後の4回目で何とか完登。いやぁ、少しだけ進歩している自分を感じられて大満足です。


f:id:pmnj:20141217220327j:plain


 今日は真剣に取り組んだのは2課題のみ。実は他の岩(大地岩、棺おけ岩など)も偵察はしたのですが、岩の高さや鋭さ/滑らかさ、下地の悪さに気持ちが萎縮してしまって取り付くことさえできませんでした。こういうのは回数を重ねれば慣れるのか、それとも完登経験を積んで恐怖感がなくなっていくのか、はたまた、怖くても登るものなのか。そのあたりがわからないまま、「やりたい課題をやればいいや」と勝手な判断をして帰宅しました。