読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

初の遠征(湯河原 幕山・幕岩ボルダー001回目)

(最初に注釈)
 日記では、場所や人物などの固有名詞をなるべく書かないようにしています。行動範囲をあまり特定されたくないと私自身が思うのと、ご一緒した方に同じように思う方がいらっしゃるかもしれないという配慮からです。ジムの名称を「Aジム」「Dジム」などと書いているのは、そのためです。ま、読む人が読めばわかるわけですが、そういう方針でやっているということで。
 ただ、自然の岩場について書くときは、場所や課題名について書いていくことにします。普段の生活範囲から遠く離れた場所に行くことも、スポーツという趣味には多いから、という理屈です。全国に推定3人くらいいらっしゃる読者の皆様、どうぞご了承下さい。


(そして本題)
 「岩場行くよー、一緒に行くかい?」というありがたいお誘いを頂いて、神奈川県の湯河原市湯河原町にある「幕山・幕岩ボルダー」に遠征してきました。本格的な岩場、デビュー戦です。

 到着してまず向かったのは、梅林エリア。米粒岩にある「アップ」という名の8級課題に挑戦しました。ジムなら「8級でしょ!? ふふん」と鼻唄混じりに取り付くところですが、何せ勝手の分からない自然の岩。慎重に、慎重に、慎重に登って行きました。思ったよりも足に立ち込むことができて、スムーズに進んでトップアウト。記念になる初完登です。

 続いて、同じエリア内にある貝殻岩へ。「石切師」という6級課題(5級? 本によって違う)をやってみたところ、3度目までは落下。「やっぱり、難しいなぁ」と思いながらそれでもやり続けたら、5撃目で完登できました。いやぁ、嬉しいっす。
 調子に乗って同じ貝殻岩の「掃除師」という5級課題にも挑戦。こちらはフラッシュではあったものの一撃で落とせて、ようやく調子に乗り始めたのでした。
 ただ、同じ貝殻岩の4級課題「マントル」、初段課題の「貴船」「パイプライン」はどれもスタートすらできず、手も足も出ませんでした。難しい、ですねぇ。


f:id:pmnj:20141106225053j:plain


 午後からは河原エリアの桜岩に挑戦。5級の「かぶったカンテ」は他の同行者が全員落としたのに私だけ敗退(トホホ)。「ありゃりゃ、やっぱり実力は5級くらいなのか、いや、もう1グレード上を頑張って狙ってみよう」と4級の「カンテ」に挑戦。2撃目で「これは行ける! 次は落とせる」という確信を得られたところで無情の降雨。最後のつもりで臨んだ3撃目は、ホールドが濡れてしまってもうダメ状態でした。次回への宿題ですね。
 最後にまだ岩が乾いてた6級の「スラブ」、7級の「ハイステップ」を落として終了しました。


 自然の岩場、ものすごく面白くて楽しいですね。これからジムで何を目標に取り組んでいけばいいか、課題も多く見つけられて満足です。早くも「次はいついく~?」なんて言ってる状態。はしゃぎすぎてケガしないよう、少しずつ努力していきますか。