読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pmnjのスポーツ日記

体験したスポーツの記録を書く日記です。

魂こがして(独り言)

なんつーか、こう、「これ、やりてぇ! 何としても、絶対、これ終わらせてぇ!」って課題に出会えてないなぁ。湯河原の『パイプライン』を落としてから、ずっとそんな感じがする。グレードに惹かれたり(初段、とかね)、知名度に惹かれたり(クラシック3課…

背負い投げ(ムーブの覚え書き)

(あんまりまとまっていないので、自分用の備忘メモとして)・シットダウンスタートで、初手が上方向に遠い。 ・スタート時の手足位置は、レイバック気味になる。 ・スタート時の姿勢のままで伸び上がろうとすると、横/後ろ方向に出てしまう。 ・そんなとき…

足の向きを変える(ムーブの覚え書き)

最近、得意になってきたムーブです。 比較的傾斜の緩い壁で、スタート核心になる課題がいくつかありました。スタートホールドが持ちにくい or スタート時のホールドに足を乗せにくい、というものです。基本に則って「出したい方の手と同じ足を乗せる」ように…

現実的な目標(次の半年間に向けて)

自分用の備忘録。グレード関係なく、実現可能性の高いものから順番に。 (2017.03.17に、一部改変:ジムの項目をなくし、笠間の諸課題を入れました)1)半年で回収する ・瑞牆 東雲岩 黎明期(SD・3級) ・瑞牆 桃岩 桃源(SD・右抜け・6級) ・瑞牆 倶利伽羅…

YMK(ムーブの覚え書き)

ずいぶん前に『ちびまる子ちゃん』のアニメを見ていたら、「MMK」というセリフが出てきました。「M(=モテて)、M(=モテて)、K(=困っちゃう)の略だよ」と。何となく気に入って、それから何年も時々使ってきました。 タイトルのYKKは、Y(=やや)、M(=持…

メルクマール(判断基準)

クライマーとして強くなる方法は、まだ試行錯誤中です。 一方で、強くなっているという兆候というかメルクマールが、少しわかった感じがしました。ある級の課題がオンサイトできて、さらに何度やっても再完登できるようになると、1つ上の級の課題が全完登で…

身体計測

この間ジムに行ったときに、リーチ(両腕を広げた時の長さ)の話題になりました。クライミング仲間と比べてみたら、意外に短いことが判明。これまで「リーチがある分、有利だ」と思っていましたが、実はそうでもないみたいです。ちょうど健康診断で身体測定…

股関節は大事(ムーブの覚え書き・メモ)

まだ草稿の段階。01)股関節が固いからできる「突っ張り」 ・ジムの3級課題(足自由)のシットダウンスタートが、どうしてもできなかった。 ・スタートホールドはピンチで持てる、かなりしっかりしたもの。カチ持ちもOK。 ・初手は、斜め上方向にあって、シッ…

現実的な目標(次の半年に向けて)

自分用の備忘録。グレード関係なく、実現可能性の高いものから順番に。1)岩場 ・瑞牆 東雲岩 黎明期(SD・3級) ・瑞牆 桃岩 桃源(SD・右抜け・6級) ・瑞牆 倶利伽羅岩 カラクリ(SD・初段) ・瑞牆 大黒岩 あかね雲(3級) ・瑞牆 大黒岩 熊の親子(8級)…

目標と結果

<湯河原> ・貝殻岩 パイプライン(SD・初段):2015.12.15 RP(2016.05.19 認定:笑) ・貝殻岩 貴船(SD・初段): ・桜岩 桜吹雪(SD・1級):2015.12.26 RP<瑞牆> ・倶利伽羅岩 カラクリ(SD・初段): ・泉岩 泉の家(初段): ・千里岩 百里眼(1級…

個人の感想です

何度でも書きます、ええ。 クライミングをやっていて、うまく課題が登れない、ホールドが持てない、ムーブがわからない、と思うことは数多くあります。そんなとき、どうしてますか? 人によって解決方法は違うでしょうが、私の場合、まず「あやにっき」を見…

動画を撮りたいなぁ

昨年の春から夏にかけて、Aジムの長モノ課題に取り組みました。自分で考えたり、他の方のアドバイスを聞いたり登り方を見せてもらったりしながら、かなり集中して登りました。寝る前に頭の中でホールドの位置やムーブを思い出せるくらいには、しつこくやった…

練習開始

金曜と土曜日はレスト日。この機会に、何度やっても苦手なカチ持ちに、本腰を入れて取り組んでみることにしました。 インターネットで検索して、尾川智子さんのページを発見。そこで紹介されている練習をやってみることに。最初は3回だし、1日置きだし、難し…

弱点? 長所?

ちょっと体調不良になって、レスト中です。早寝早起き。寝る前に、誰かに撮影してもらった自分が登っている姿の動画を見ています。いろいろ気がつくことがあって、なかなか面白いです。特に面白いのは、同じ長モノ課題を別の日に登っている動画を見比べるこ…

ヒールフックと膝の位置(ムーブの覚え書き)

やります! と言っておいて、ずっとほったらかしにしていたヒールフックの効果検証。怠けている自分に鞭打って、6時間ほど検証してきました。壁の傾斜、体の向き(正対かフリか)、載せるホールドの大きさ、ムーブ(「手に足」か「ハイステップ」か)で場合…

爪先スイッチ(ムーブの覚え書き)

(*限定公開のエントリーです)・片足がホールドに乗っていて、もう一方の足を乗せるホールドがない。 ・足を乗せたホールドと、両手で持つホールドの位置が、ほぼ同じ高さにある(あるいは狭い)。 ・その状態で、どちらかの手を上や横に出す必要がある。 …

視線で体を制御する(ムーブの覚え書き)

(*ちょっとまとまってないので、まず箇条書きで公開します。後で整えます)・重心や移動方向への力は視線でコントロールできることが多い。・爪先や膝の向きを変えようとしてうまくできないときは、進みたい方向に顔を向けることで体が勝手に向きを変えて…

勝負ウェア

クライミングをやっている人たちの中で「勝負シューズ」「本気シューズ」と呼ぶ靴があります。自分が取り組んでいる課題を登るのに適した靴のことを言うようです。私の場合、3代目ミウラーが該当します。キツイ/緩いなどを気にすることなく、安心してフル…

再び、足に手(ムーブの覚え書き)

(注:限定公開のエントリーです) 以前の記事で紹介した「足に手」というムーブ、私以外の方が使っているところを見る機会が増えました。私が初めて気づいた、というわけではなく、多くの人が必要に迫られてやっているムーブのようですね。 ほとんどの方は…

足に手(ムーブの覚え書き)

(注:限定公開のエントリーです) 最近、人工壁のボルダリングをするときに多用するムーブがあります。「足に手」という動き方です。緩傾斜壁、特にスラブ壁の場合、片手でホールドをプッシュしながら、そのホールドに足を上げていくという動きが出てくる課…